「ダム撤去」はたった一人の熱意ある人の行動から始まっているんだ。[関根 健次]

関根 健次
ユナイテッドピープル株式会社 代表
このエントリーをはてなブックマークに追加
映画『ダムネーション』は11月21日より渋谷アップリンクほかで上映中だ

映画『ダムネーション』は11月21日より渋谷アップリンクほかで上映中だ

アメリカにおいてのダム撤去をテーマにしたドキュメンタリー映画『ダムネーション』(パタゴニア提供 ユナイテッドピープル配給)の企画プロデューサー、水中カメラマンのマット・シュテッカーさんが来日して東京での取材や各地での講演、そして日本で唯一始まった熊本県荒瀬ダムを訪問しました。(ユナイテッドピープル代表=関根健次)

マット・シュテッカーさんの言葉で特に印象的だったことをいくつか紹介します。

「ダム撤去の素晴らしいことは、ダム撤去後にサーモンが戻ってくることだけではなく、伝統的な生活、文化が蘇ること」

「人々の力で変化は起こせると知ってほしい。ダム撤去は20年前はクレイジーなアイデアだった。それが実現した今を映画で知ってもらい、日本でも自然や文化を取り戻すことは出来るのだと知ってほしい」

「アメリカでも別の国でも、ダム撤去はたった一人の熱意ある人の行動から始まっている。だから『ダムネーション』を観て、そんな熱意を持つ人が一人でも増えてくれればいいと願っているんだ」

この言葉を聞いて思い出すのは、つる祥子さんです。川を愛し、長年日本で唯一ダム撤去が始まった荒瀬ダム撤去について活動を続けてこられた彼女もその一人なのかも知れません。11月24日、訪れた荒瀬ダムでマット・シュテッカーさんはこう語っています。

https://www.youtube.com/embed/omcqDtzq2sQ

左から、パタゴニア日本支社長辻井隆行さん、マット・シュテッカーさん、そして筆者

左から、パタゴニア日本支社長辻井隆行さん、マット・シュテッカーさん、そして筆者

シュノーケルを使って潜る

シュノーケルを使って潜る

「日本で初めて撤去が始まった荒瀬ダムは、これから自然を取り戻していくこと、自然な川の流れを取り戻すこと、コミュニティを強くすることのモデルになる。

荒瀬ダム撤去が、川を愛するつる祥子さんのようなたった一人の熱意ある人の行動から始まったと知れば、誰もが熱意を持てば同じ様なことを起こせると勇気をもらえると思うんだ。日本にとってはとてもエキサイティングな時だと思うよ。アメリカでは沢山のダムを撤去しているけど、日本ではこれからだね。楽しみだよ」

すべての変化は一人の行動から始まる。私自身常々そう思っています。

つる祥子さんの荒瀬ダム撤去への動機には「鮎が戻ってくる川が見たい」もあるそうです。

https://www.youtube.com/embed/8CsjInnZqyA

そうですよね。ダム撤去が目的ではなくて、「鮎が戻ってくる川が見たい」ということが本来の目的なんですよね。

パタゴニア日本支社長辻井隆行さん、マット・シュテッカーさん、そして『ダムネーション』配給会社代表ユナイテッドピープル関根で、荒瀬ダムのある球磨川の支流に潜り、蘇りつつある川の魚を撮影しました。まだ撤去は途中ですが、たくさんの魚を目撃しましたよ!

https://www.youtube.com/embed/SRuu8f8A3V8

映画『ダムネーション』予告動画 https://www.youtube.com/embed/i26YMSJsu4Y

関根 健次
ユナイテッドピープル株式会社 代表
ベロイト大学経済学部卒。2002年にユナイテッドピープル株式会社を創業し、世界の課題解決を目指す事業を開始。募金サイト「イーココロ!」を運営。2009年から映画配給事業を開始。2011年から一般社団法人 国際平和映像祭を設立し国連が定めたピースデー9月21日に合わせて国際平和映像祭(UFPFF)を主催している。2013年よりピースデージャパン共同代表。著書に『ユナイテッドピープル』も。

2014年12月17日(水)14:55

alternaショップ
ページの先頭に戻る↑