北米におけるオーガニックトレンドとビジネスチャンス

このエントリーをはてなブックマークに追加

一般社団法人オーガニックフォーラムジャパンは11月18日、19日、東京国際フォーラム(東京・有楽町)で「第1回オーガニックライフスタイルEXPO」を開催した。「国内のオーガニックを基本としたライフスタイルビジネスの健全な発展と更なる啓蒙普及」を目指したエキスポには、中国、北米などで活動しているゲストが参加。有機に対する各国政府の対応や認証制度、生産者の状況などを報告した。

世界のオーガニックの市場規模は、米国が43%占め世界第1位、続いてドイツが13%、フランスが8%、中国が6%、カナダが4%占めている(国際有機農業運動連盟、2016年発表)。

米国にあるオーガニック・トレード協会(OTA)は、北米の有機農業と製品のための会員制の団体で、50の州で8,500以上のオーガニックビジネスに関わっている。

米国とカナダのOTAで国際部門を担当するモニーク・マレス氏とマリー イブ・ルヴェール氏が「北米におけるオーガニックトレンドとビジネスチャンス」と題して、北米オーガニックの最新トレンドを紹介した。

オーガニックの付加価値を理解しているミレニアル世代

カナダ・オーガニック・トレード協会のマリー イブ・ルヴェール氏
「カナダのオーガニックマーケットは安定して伸びている」とルヴェール氏はカナダのオーガニック市場について説明した。市場の伸びの要因、トレンドとして以下を挙げた。

・家族世帯とミレニアル世代がオーガニック商品を買っている
・一部の富裕層が買っているわけではなく、一般消費者が「価値がある」から買っている
・野菜と果物が先行して売れている
・カナダ人はオンラインで買い物をすることが少ない(米国・日本ほどでない)
・スナックの売上が拡大している(4割が朝食にスナックを摂っている)

 

続きは「サステナブル・ブランド ジャパン」サイトへ

2016年11月27日(日)17:30

alternaショップ
ページの先頭に戻る↑