LIXIL、製品購入1台ごとに簡易式トイレ1台寄付

このエントリーをはてなブックマークに追加

LIXIL の「みんなにトイレをプロジェクト」で寄付される簡易トイレ「SATO(Safe Toilet)」

LIXILは、一体型シャワートイレ1台の購入に付き、簡易式トイレ1台をアジア、アフリカの国々に寄付するキャンペーンを4月から半年間実施する。世界ではまだ3人に1人が安全で衛生的なトイレを使えず、感染症にかかる危険と隣り合わせにある。同社は2020年までに「1億人の衛生環境を改善する」という目標を立てており、同社が開発した簡易式トイレ「SATO」を国際NGOらの協力で設置し途上国での衛生習慣の普及に貢献したい考えだ。(箕輪 弥生)

世界では現在でも約24億人が安全で衛生的なトイレの無い生活を送り、不衛生な水や環境に起因する下痢性疾患で亡くなる子どもは少なくない。トイレが無い学校もあり、思春期を迎えた女子児童が通学をあきらめざるを得ない大きな要因となっている。

このような社会課題を解決するため、同社は自社の持つ製品開発の技術を生かし、簡易式トイレ「SATO (Safe Toilet)」を「ビル&メリンダ・ゲイツ財団」からの援助を受けて開発し、これまで14カ国 100万台以上、計500万人に提供してきた。

続きは「サステナブル・ブランド ジャパン」サイトへ

2017年3月8日(水)22:59

alternaショップ
ページの先頭に戻る↑