持続可能なアジアの未来は実現されるか

このエントリーをはてなブックマークに追加

ADB(アジア開発銀行)設立50年総会に

Sustainablebrands.comから転載] サステナビリティ 新潮流に学ぶ 第10回

アジアの未来を左右する2つの国際開発銀行の総会が続きました。5月上旬、横浜で開催されたADB(アジア開発銀行)設立50年総会には約6000人が参加し、ADB史上最大の盛り上がりを見せました。他方、ADBを凌駕する中国主導のAIIB(アジアインフラ投資銀行)第2回総会が6月中旬、韓国の済州島で開催されました。持続可能なアジアに向けて、最新動向に迫ります。

アジア開発銀行の役割をふり返る

まずADB総会に参加しての印象を報告しましょう。戦後、日本がリード役を務めてアジア・太平洋地域の発展に大きく貢献した国際機関がADBです。インフラ整備・開発援助に成果をあげたのですが、環境面や社会面での不備が過去に市民社会から批判・指摘されたことで、セーフガード(環境社会配慮)政策が取り入れられ、持続可能な発展への貢献が目指されてきました。

戦後の日本を振り返ってみると、荒廃した国土の復興と発展に際して、世界銀行からの融資に大いに助けられました。東名高速や東海道新幹線もその一例です。その後1966年、世界銀行からの借入支援を終了した日本は、自らの経験を踏まえてアジア・太平洋地域の開発を支援するADBの設立に協力したのでした。最大出資国で歴代総裁は日本人、本部はフィリッピンのマニラにあります。当初、飢餓の克服と農業分野への支援を皮切りに、その後は電力や交通など工業化とインフラの整備へと経済発展の土台作りに寄与してきました。

続きは「サステナブル・ブランド ジャパン」サイトへ

2017年7月6日(木)23:26

alternaショップ
ページの先頭に戻る↑