シェフたちが学んで広めるサステナブルシーフード

このエントリーをはてなブックマークに追加

Sustainablebrands.comから転載]

Photo:chuttersnap

我が国の料理人たちが、水産資源の危機を知って積極的に発信し始めている。サーモン&トラウト(東京・世田谷)の森枝幹シェフは10月7日、渋谷で「d47 MUSEUM」のトークイベントに登壇し、東京海洋大学の勝川俊雄准教授と、環境や未来の魚食に配慮した「サステナブルシーフード」の大切さを語った。会場横の食堂では、ティルプス(東京・港)の田村浩二シェフが、資源量が比較的多い太平洋ヤリイカを使った限定メニューを提供した。(瀬戸内千代)

続きは「サステナブル・ブランド ジャパン」サイトへ

2017年10月16日(月)19:05

alternaショップ
ページの先頭に戻る↑