パーム油のリスク(1/3)発電申請急増で業界混乱

このエントリーをはてなブックマークに追加

Sustainablebrands.comから転載]

パーム油の原料となるアブラヤシの実。果房一つが20キロ以上 写真提供:地球・人間環境フォーラム

2017年になってパーム油を燃料とする発電設備の設置申請が急増している。その全てが稼働した場合、年間約918万トンのパーム油が消費される計算になる。国内のパーム油消費量(2014年64万トン)の15倍近くという膨大な量だ。これを受け、政府はFIT(自然エネルギーの固定価格買い取り制度)のパーム油発電の認定審査基準にRSPOなど持続可能な調達に対する第三者認証を求める大幅な規制の方針を固めた。(オルタナ編集部=沖本 啓一)

世界で消費されるパーム油の85%は、インドネシアとマレーシアで生産される。パームの果肉からはパーム油、種子からはパーム核油がつくられる。価格が安く、酸化しにくいため扱いやすいことから、食品、洗濯洗剤、医薬品、化粧品などに幅広く利用される。日本人一人当たりの消費量は年間5kgにも上る。

続きは「サステナブル・ブランド ジャパン」サイトへ

パーム油のリスク(2/3)森林破壊や児童労働も
パーム油のリスク(3/3)日本企業は周回遅れ

2017年12月7日(木)12:44

alternaショップ
ページの先頭に戻る↑