亜麻仁油入りマヨネーズの危険性

このエントリーをはてなブックマークに追加

文・南 清貴、Liko イラスト・南 景太

世の中には驚くようなことが数多ある。先日も、スーパーマーケットに行った折、ふと目にした商品に度肝を抜かれた。亜麻仁油入りのマヨネーズだ。

20年以上にわたって、オメガ3脂肪酸を積極的に摂取することを薦め、拙著の中でもオメガ3を豊富に含む亜麻仁油の良さについて書いてきた者としては快哉を叫んでもよさそうなものだが、そうはいかない。それどころか、販売を一日も早くやめてくれ、と懇願したいくらいのものだ。

というのも、オメガ3脂肪酸は、酸化が早いからだ。70度を超えると途端に成分が分解し、酸素と化合してしまう。そうなると、過酸化脂質という有毒物質に変化してしまうのである。

私たちの体に存在する細胞は60兆個に及ぶが、その一つひとつが、オメガ3脂肪酸とオメガ6脂肪酸が代謝されて作られる、リン脂質という物質を主体とする細胞膜で覆われている。

つまり、この2つの脂肪酸の摂取が途絶えてしまうと、細胞膜を作ることができなくなり、生命の終焉につながる。だから、この2つを必須脂肪酸と呼ぶ。残念なことに、この2つの脂肪酸は、容易く酸化してしまうのは事実だが、酸化を恐れて摂取しないというのは愚の骨頂である。

しかし、調理のプロセスで酸化させてしまうのも同様に、愚の骨頂というべきだ。私が驚愕したのは、その酸化しやすいオメガ3脂肪酸の代表のような亜麻仁油を、こともあろうにマヨネーズの原材料に使用していることなのである。

この続きは、オルタナ53号(全国書店で発売中)掲載の『KIYOの哲学 考察編』でご覧ください。

文・南 清貴、Liko

KIYO(南 清貴)
フードプロデューサー・日本オーガニックレストラン協会代表理事。「オプティマル・フード・ピラミッド」を料理の中心に据え、 自然食やマクロビオティックとは一線を画した新しい料理を提供している。「オプティマルクッキングアカデミー」受講生募集中! 最新刊は『じつは体に悪い19の食習慣・改訂版』(ワニブックスPLUS新書) www.kiyo-san.jp

Liko
麻布十番・スロースタイル薬樹薬局「Liko」の管理栄養士&薬剤師チーム。www.yakuju.co.jp/yakuju_liko

 

2018年9月20日(木)20:08

alternaショップ
ページの先頭に戻る↑