筆者は「ESG/SDGs時代における共有価値の創造」セッションで、進行役を務めた。スピーカーとして一橋大学大学院国際企業戦略研究科の名和高司特任教授、住友化学の新沼宏常務執行役員、三菱UFJモルガン・スタンレー証券の吉高まり主任研究員が登壇した。次の通り、その模様はSB東京のサイトでレポートも出されている。
http://www.sustainablebrands.jp/news/jp/detail/1190412_1501.html

■ 拡大版SDGsアクションプラン2018
「拡大版SDGsアクションプラン2018」は総理大臣官邸で開かれた持続可能な開発目標(SDGs)推進本部会合(第5回)で決定された。

同プランは前回(昨年12月)会合の総理指示も踏まえ肉付けされ、その冒頭には「経済財政運営と改革の基本方針2018」と「未来投資戦略2018」にSDGsが掲載されたことが明記されて、8分野のSDGs重点パッケージが整理されている。

G20等を開催する2019年に向けて構築・発信していく日本の「SDGsモデル」の3本柱,すなわち,(1)SDGsと連動した官民挙げた「Society 5.0」の推進,(2)SDGsを原動力とした地方創生,(3)SDGsの担い手である次世代・女性のエンパワーメントに沿って,昨年12月のアクションプランを更に具体化・拡大したものだ。

1 2 3 4