幸い、ミレニアル世代やZ世代の間では、こうしたサステナブルや環境配慮型の製品/サービスへの関心が少しずつ高くなっているようです(海外では顕著)。いま25~40歳のミレニアル世代は、世界の世代別人口で最大規模になりつつあります。

日本でもこうしたサステナブル、エシカルな消費を推進し、こうした製品が生産・流通・小売業の各段階で存在感を高めるようになると、それが途上国の環境負荷を低めたり、人権侵害を食い止めることにつながるのです。

まさにSDGsの実現は、皆さんの消費を変えることから始まります。単にSDGsのバッチを付けていれば解決しないことは、言うまでもありません。オルタナは、よりサステナブルなビジネスを推進することがパーパスであり、どれだけ時間が掛かっても、サポートし続けていきたいと考えています。

1 2 3