【連載】「森を守れ」が森を殺す

今年始めからウッドショックが起きている。世界的に木材価格が急騰している状況を指す。それこそ価格が倍以上になった例もあり、木材取引現場を大きく揺るがす。とくに日本は外材輸入が厳しくなり、国産材価格も高騰した。(田中 淳夫=森林ジャーナリスト)

何があったのか。実はアメリカのバブルが影響しているという。コロナ禍で木材業界は減産していたが、予想に反して建築業界は活性化した。自宅にこもるようになった市民は、住宅を新しく購入するほかリフォームも盛んになったからだ。さらに低金利と莫大な財政出動が行われた結果、その資金が木材取引市場にも流れ込んできた模様である。

おかげで米材の価格が急騰、輸出もタイトになったうえ、欧州材も高値のアメリカに回された。同じことは中国でも起きていて、世界中の木材を高値で買いつける。日本は、その価格に買い負けして木材不足に陥ったのである。

外材を扱っていた製材や集成材、プレカット業界などは、焦って国産材の調達に向かった。これらの業界は装置産業だから、工場を止めると損害を負う。その結果として国産材価格も跳ね上がった。

材価が急騰したのなら。林業界は喜べるはずだ。長年低迷に苦しんできたのだから。増産すれば、もっと儲けられるチャンスではないか、と思う。だが日本の林業界は、そんな小回りの利いた動きが苦手なのだ。