竹と湧き水で作られた、洗濯用洗剤「バンブークリア」で洗濯できるコインランドリーが、全国展開を目指している。先進ランドリー研究所(東京・新宿)とエシカルバンブー (山口県防府市)は5月18日、6店舗目の「バンブークリア」コインランドリーとして、福岡県北九州市に2店舗をオープンした。埼玉県(2店舗)と茨城県(2店舗)に次ぐもので、初の九州上陸となる。(ライター・遠藤一)

「バンブークリア」コインランドリー

「バンブークリア」コインランドリーは、既存のコインランドリーをリニューアルしたもので、ランドリーカーサ ラ・ムー若松店と小倉沼店となる。

「バング―クリア」は山口県防府市を拠点に「竹炭・竹炭灰・湧き水」の3つの原材料のみを使用して、伝統的な製法にこだわって作られた「天然成分100%の衣類用洗剤」。合成界面活性剤を使用していないため、繊維に余計な成分や臭いが残る心配がなく、敏感肌の方や赤ちゃんの衣類などにも安心して使用できるという。

各地方で「竹害」が問題となっている。伐採されず管理されていない「放置竹林」は、その成長スピードの速さから、広葉樹や針葉樹などの成長を阻み、獣害の発生にもつながる環境問題となっている。中でも北九州地方や、山口県、島根県といった中国地方では深刻化している。

1 2