「サステナブル★セレクション」の最高位である「★★★(三ツ星)」 は毎年秋に開く選考会で総合的に評価し、決定します。三ツ星審査委員をご紹介します。

竹村 真一・京都芸術大学教授(審査委員長)


竹村 真一(たけむら しんいち)

京都芸術大学教授、NPO法人ELP(Earth Literacy Program)代表 
 東京大学大学院文化人類学博士課程修了。「触れる地球」/Sphereはグッドデザイン賞・金賞、キッズデザイン賞最優秀・内閣総理大臣賞を受賞。東日本大震災「復興構想会議」専門委員、国連アドバイザー、東京都環境審議会委員などを歴任。著書に『地球の目線』、『宇宙樹』(高校の国語の教科書にも掲載)など。

森本 英香・持続性推進機構理事長(元環境事務次官)

森本 英香(もりもと ひでか)
一般財団法人持続性推進機構理事長、早稲田大学法学部教授、2017年7月から2019年7月まで環境事務次官。
環境省大臣官房長、原子力規制庁次長、内閣官房内閣審議官(原子力安全規制組織等改革準備室長)、環境省大臣官房審議官(自然保護担当)、内閣参事官等のほか、地球温暖化京都会議(COP3)議長秘書官、国際連合大学(UNU)上級フェロー、East West Center上級研究員(アメリカ)、地球環境パートナーシッププラザ(環境省と国連大学の共同施設)所長等。
環境基本法、里地里山法等の制定、環境省・原子力規制委員会の設立に関わるほか、福島の復興・再生、水俣病・アスベスト被害対策、海洋プラスチック等循環資源対策等に携わる。
東京大学法学部私法学科卒・政治学科卒 
「里地からの変革」(共著 1995年 時事出版)、「続 中央省庁の政策形成過程」(共著 2002年 中央大学出版)など

高野 孝子・早稲田大学文化構想学部教授

高野 孝子(たかの たかこ)氏
特定非営利活動法人ECOPLUS代表理事、立教大学客員教授。エジンバラ大学Ph.D。
野外・環境教育、社会学や人類学など分野横断的な実践的研究を進める。アマゾン川下りや北極海犬ぞりとカヌー横断など、地球上各地での自らの遠征や少数民族との旅の経験を踏まえ、90年代初めから「人と自然と異文化」をテーマに、地球規模の教育プロジェクトの企画運営に取り組む。体験からの学びを重視し、「地域に根ざした教育」の重要性を提唱している。
社会貢献活動に献身する女性7名に向けた「オメガアワード2002」を緒方貞子さんや吉永さゆりさんらと共に受賞。2016年春期早稲田大学ティーチングアワード受賞、2017年ジャパンアウトドアリーダーズアワード(JOLA)特別賞、2018年国際キャンプ協会バタフライアワード、2019年GLSIドラゴンフライアワードほか。環境ドキュメンタリー映画「地球交響曲第7番」に出演。(公社)日本山岳・スポーツクライミング協会副会長、(公社)日本環境教育フォーラム理事、(公社)日本キャンプ協会理事など。

山口 真奈美・日本サステナブル・ラベル協会代表理事

山口 真奈美(やまぐち まなみ)氏
一般社団法人日本サステナブル・ラベル協会代表理事。
持続可能な責任ある調達、国際認証、生物多様性、エシカル消費等を軸に、サステナビリティに関するアドバイザリーや教育研修・ライフスタイルの提案等を手掛ける。研究所勤務を経て2003年独立、環境・CSR・サステナビリティ分野に従事。外資系認証機関日本法人立ち上げ及び代表も12年兼務。2017年日本サステナブル・ラベル協会設立、環境や社会に配慮した持続可能な国際基準を軸に、多岐にわたる認証を支援。持続可能なサプライチェーンとビジネスの構築、サステナブル・ライフスタイルが浸透する社会変革を目指し、(一社)日本エシカル推進協議会副会長、環境ビジネス総合研究所理事長、オーガニック関連団体の理事等、様々な活動にも従事。

徳江 倫明・フードトラストプロジェクト理事長

徳江 倫明(とくえ みちあき)
1951 年熊本県水俣市生まれ。’76 年早稲田大学卒業、㈱ダイエー入社。食品公害や環境問題への関心から、’78 年山梨県韮崎にて農場を設立、有機農業と豚の完全放牧に挑戦。同年、有機農産物専門流通団体「大地を守る会」にも参画し、’80 年から大地を守る会の活動に専念。’88 年には日本リサイクル運動市民の会と提携、有機農産物の宅配事業「らでぃっしゅぼーや」を興す。その後、’99 年有機 JAS 認証機関 「アファス認証センター」の設立を手がける。現在、(社)オーガニックフォーラムジャパン会長、(社)フードトラストプロジェクト代表理事、(社)生きもの認証推進協会代表理事、(社)CSR 経営者フォーラム会長。「オーガニックライフスタイルEXPO」の主催、セミナーやスタディ・ツアーの企画運営、講演、執筆、農場経営、新規就農者支援等に東奔西走の日々を送っている。

森 摂・「オルタナ」編集長

森 摂(もり・せつ)
株式会社オルタナ 代表取締役社長 ・「オルタナ」編集長    武蔵野大学大学院環境学研究科客員教授。東京外国語大学スペイン語学科を卒業後、日本経済新聞社入社。 編集局流通経済部などを経て 1998年-2001年ロサンゼルス支局長。2006年9月、株式会社オルタナを設立、現在に至る。主な著書に『未来に選ばれる会社-CSRから始まるソーシャル・ブランディング』(学芸出版社、2015年)、『ブランドのDNA』(日経ビジネス、片平秀貴・元東京大学教授と共著、2005年)など。 環境省「グッドライフアワード」実行委員。環境省「地域循環共生圏づくりプラットフォーム有識者会議」委員。 一般社団法人CSR経営者フォーラム代表理事。特定非営利活動法人在外ジャーナリスト協会理事長。一般社団法人「SDGsとうほく」顧問。