「ASC認証パンガシウス」が日本で初めて発売されます

このエントリーをはてなブックマークに追加

プレスリリース)
環境に配慮した魚介類「サステナブル・シーフード」を食べよう!
「ASC認証パンガシウス」が日本で初めて発売されます

「環境の日」である6月5日、海の環境に配慮して養殖された魚であることを示す「ASC認証を受けたパンガシウス(ナマズの仲間の白身魚)」が、日本で初めて発売されることとなりました。
「ASC認証」とは、環境に大きな負担をかけず、地域社会や人権にも配慮して操業している養殖場を認証し、その養殖場で育てられた水産物であることが一目でわかるよう、ラベルを貼付して消費者に届ける制度です。国際的な環境保全団体であるWWF(世界自然保護基金)は、水産物の消費を持続可能な形に改善していく具体策のひとつとして、この制度の普及に力を注いでいます。

養殖による水産資源の生産は年々、拡大しており、現在は、世界の水産物全体の半分が、養殖水産物によって占められています。しかし、こうした養殖の拡大は、同時に海洋環境への悪影響や労働環境の悪化、先住民の権利の侵害などの問題も引き起こしています。

今回、日本で発売される「ASC認証」を受けたパンガシウスは、ベトナムで完全養殖によって育てられているもので、養殖場の周辺の水質を悪化させていないか、広範囲にわたってモニタリングが行われるなど、「ASC認証」の基準に沿って、環境への配慮や労働者の権利保護などが厳しく審査された上で認証された魚です。

WWFベトナムは現在、多様なステークホルダーとともに、2015年までに、ベトナムで生産されるパンガシウスの50%でASC認証を取得することを目指しています。
WWFベトナムの養殖問題担当ゴ・ティエン・チュンは、「日本で、ASC認証パンガシウスが発売されることは、ベトナムの水産業にとって、持続可能な生産の必要性を考え、行動を起こす大きなきっかけとなるでしょう。日本の皆さんが、ASC認証のパンガシウスを選んで購入することは、持続可能な水産物の生産を増やすことにつながるだけでなく、現場で環境への配慮に取り組む生産者を勇気づけるという意義も持っているのです」と述べています。

今回、ASC認証つきのパンガシウスを販売するのは、総合スーパー「イオン」の全国420店舗です。イオンが販売する「ASC認証」製品は、本年3月に発売となった「アトランティックサーモン」に続く2例目となります。

◆サステナブル・シーフード・ウィーク
「ASC認証パンガシウス」が発売となる6月5日は、WWFとMSC(海洋管理協議会)日本事務所が主催する「サステナブル・シーフード・ウィーク」がスタートする日でもあります。いつまでも「海の恵み」である魚を食べ続けていくことができるよう「サステナブル・シーフード」を選んで食べよう、と呼びかけるキャンペーンです。
サステナブル・シーフードとは、乱獲や違法漁業で獲られたのではないことがわかっているもの、海の環境に配慮して漁獲されたり、養殖されたりしたものを指します。

このキャンペーンの一環として、6月5日にイオン葛西店でおこなわれる「サステナブル・シーフード・イベント」では、世界で流通しているパンガシウスの約9割を生産するベトナムから、WWFベトナムの養殖問題担当者が来日し、現地での取り組みについてご紹介します。

また、イオンとWWFのコラボレーションによる「特製“海を守ろう”エコバッグ」の発売も発表されます。これは、売り上げ1個につき50円が、WWFの海洋保全活動に寄付されると同時に、レジ袋の削減もめざすものです。

日本における水産物利用の歴史は長く、「漁獲した水産物を余さず使うこと」や「海の恵みに感謝する気持ち」も大切にされてきました。ただ、世界の水産物の消費量は増え続けており、日本も依然として主要な水産物消費国のひとつです。「感謝して無駄なく使う」ことが重要なのは変わりませんが、それだけでは、水産物の未来を守ることは難しくなっています。

「サステナブル・シーフード・ウィーク」のイベントや、実際に店頭で販売される「ASC認証」や「MSC認証(環境に配慮した天然魚の漁獲の認証制度)」に触れることによって、日本の消費者の間に、水産物を見るときの新しい尺度として「環境への配慮」が根付いていくことを、WWFは期待しています。

<パンガシウスとは?>
ナマズ目パンガシウス科の淡水魚。メコン川流域などに生息し、成長すると体長1.2メートル近くになる。カンボジア、タイ、ベトナムでは重要なたんぱく源。くせのない、やわらかな白身の魚で、日本でも「白身魚のフライ」として店売りの弁当などに利用されている。

◆この件に関するお問合せ先:
WWFジャパン広報室 Tel: 03-3769-1714 / press(a)wwf.or.jp
※今後、WWF報道資料のメール配信を希望される方は、press(a)wwf.or.jpへご連絡ください。

2014年6月6日(金)12:42

alternaショップ
ページの先頭に戻る↑