スイス:業務用の生ゴミが美しいハンガーに

このエントリーをはてなブックマークに追加

社員数人のスイス・チューリヒの小企業が、業務用生ゴミ(廃棄物系バイオマス)を使ったプラスチックの製造に成功し、注目を浴びている。開発に6年を要した新素材は「フルイードソリッズ(Fluid Solids )」と名付けられ、実用化に向けて大きな一歩を踏み出した。(チューリヒ=岩澤里美)

洗練されたデザインのバイオ プラスチックのハンガー

洗練されたデザインのバイオ プラスチックのハンガー

フルイードソリッズ社のバイオプラスチックは、現在主流のトウモロコシなどを原料としない。食品製造・加工業から購入した生ゴミから作られる。普通のプラスチックと同じように、色も形も自由に選べる。すでにハンガーとトルソーの量産が決まり、中国に工場を建設中だ。近い将来、地元スイスに、そしてアメリカにも工場を設立する計画だという。

「今も、大学などの協力を得て技術の向上を図っています。不良品を出さずにいかに効率的に作るかという量産する上での課題があるからです」
 
同社を設立したベアト・カレ氏は、技術者でも生化学者でもなく、工業デザイナーだ。自分のスタジオを構えてデザイナーとして働き、趣味が高じて新技術の開発に至った。

「工業デザイナーとして、素材に対する関心は高かったのですが、2008年に、ポテトスターチでバイオマスプラスチックを作るワークショップを開いたことがきっかけでした。食べ物からプラスチックができることが面白くて、
いろいろな材料で実験を始めてみたのです」

ページ: 1 2

2016年2月15日(月)10:00

alternaショップ
ページの先頭に戻る↑