H&M、持続可能な素材使用率が3年で倍増

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

H&M(本社スウェーデン)は4月末、製品の素材のうち「サステナブル(持続可能)」な素材が占める割合が3年前の2倍強に当たる20%に達したと発表した。同社は、2011年、7つのコミットメントを打ち出し、素材の100%をサステナブルなものにすることが目標だ。今後もオーガニックコットンやペットボトルのリサイクル素材などの使用量を増やしていく。 (辻 陽一郎)

d11958-48-409678-1

H&Mは、価格の安さから短いサイクルで服を消費するファストファッションとしてのイメージが強い。しかし、同社は、地球環境に配慮した最先端の取り組みを実施している。

その一環で、同社は2011年、すべての製品素材をオーガニックコットンやリサイクルプラスチックなどの、サステナブルなものにする方針を打ち出した。

続きはこちらへ

2016年6月24日(金)20:42

alternaショップ
ページの先頭に戻る↑