仏で「エコ・リノベーション」が急拡大

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

(C)Avence Parisienne du Climat

(C)Avence Parisienne du Climat

フランスで、古いマンションを低エネルギー消費の建物に改修する「エコ・リノベーション」が急速に進んでいる。パリ15区にある1967年建造の高層マンションでは、この改修によって一戸あたりのエネルギー消費量が67%削減する。このほか現在、パリ市の後押しによって700の民間マンションの管理組合で改修計画が進んでいる。(羽生 のり子)

ユネスコ本部に近いパリ15区では、1960-70年代に高層住宅が増えた。その一つのゲスクラン通りにある民間マンションが、低エネルギー消費建物に生まれ変わるモデルケースとして注目を浴びている。

続きはこちらへ

2016年7月4日(月)10:57

alternaショップ
ページの先頭に戻る↑