ロレアル、本社・工場など全使用電力をグリーン化

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

日本ロレアルは、9月1日から本社・工場など国内すべての関連施設でグリーン電力(自然エネルギー)を導入する。化粧品業界では最大規模のグリーン電力への切り替え事例となる。(オルタナ編集部=小松遥香)

石巻合板工業のバイオマス発電所

石巻合板工業のバイオマス発電所

ロレアルグループは世界的にサプライチェーンのCO2削減に取り組んでおり、日本では2010年から工場のグリーン電力化を始めた。9月1日からは、復興支援を続けてきた石巻市の石巻合板工業のバイオマス発電所からグリーン電力を調達する。

同グループは2013年に「美のすべてを、共に次世代へ」というビジョンを掲げ、持続可能な企業づくりに取り組んでいる。グローバル目標として、グループ全体で2020年までにCO2排出量と水の消費量、廃棄物発生量を2005年対比の60%まで削減することを掲げている。

日本ロレアルは、2010年にグリーン電力化したコスメロール工場(御殿場)でCO2排出量を2015年比の70%、水消費量を67%まで削減し、すでにグローバル目標を達成している。

続きはこちらへ

 

2016年8月30日(火)0:54

alternaショップ
ページの先頭に戻る↑