サステナブル経営を支える人的資本をどう評価するか?

このエントリーをはてなブックマークに追加
Image credit: World Economic Forum

Image credit: World Economic Forum

「社員は最大の資本だ」という言葉を耳にしたことがあるだろう。ヴァージン・グループ創業者のリチャード・ブランソン氏をはじめゼロックスのアン・マルケイヒー前CEOなど多くのビジネスリーダーも使っている言葉だ。米ゴールドマン・サックスのホームページにも会社概要に「社員が最大の資本である」と書かれている。(編集・翻訳:オルタナ編集部=小松遥香)

人的資本の重要性はビジネスでよく強調されるが、どうすれば社員は最大の資本になるのだろうか。

人的資本の評価については、11月14日に開催されたサステナブル・ブランド・ボストンのワークショップ「人材資本の評価――ソートリーダーシップと未来を見据えるビジョン」でもテーマとして取り上げられた。人的資本の評価がいかに重要か、白か黒か単純に決められないものをどう具体的に評価するかなどが話し合われた。

登壇したのは、ヒューマンバリュー総合研究所のステフ・シャルマー常務取締役や投資会社HIPインベスターの創業者ポール・ハーマンCEO、それからシーザーズ・エンターテインメントのグウェン・ミギタ・サステナビリティ兼コーポレート・シティズンシップ統括責任者などだ。

ページ: 1 2

2016年11月30日(水)20:15

alternaショップ
ページの先頭に戻る↑