企業の気候変動情報開示に56%の投資家が不満足

このエントリーをはてなブックマークに追加

Sustainablebrands.comから転載]

私たちの将来は、気候変動を巡る企業の情報公開にかかっているといっても過言ではない “Money” by Pictures of Money used under CC BY 2.0

HSBC(香港上海銀行)はこのほど、気候変動を巡る企業の情報公開と投資意欲についての調査結果を発表した。各国の投資家の68%が「グリーン投資」の増加に肯定的である一方、企業が開示する情報のレベルや正確さ、即時性を極めて不十分と感じている投資家は56%に上った。投資家が企業に自然エネルギーへの移行を求める一方で、企業がそれに応えきれていない実態が浮き彫りになった。(クローディアー真理)

続きは「サステナブル・ブランド ジャパン」サイトへ

2017年10月17日(火)14:30

alternaショップ
ページの先頭に戻る↑