統合報告が目指すべき、真の統合(前編)

中畑 陽一(ジョニー)
企業開示物・企画編集者

経済活動は社会をうまく成り立たせるためのもので、そのために人や環境、地域などの資源を使いながら価値を創造しています。それにも拘わらず、持続可能な社会は資本主義経済活動そのものによって危機に瀕しています。環境問題、貧富の格差、人権侵害など、どれもグローバル経済活動のゆがみが引き起こしたものばかりです。

それだけ、資本主義経済や財務価値は世界の存続にとって大きな影響力があるということです。

従って世界のサステナビリティのためには、影響力が絶大である資本主義経済そのものを変革していく、あるいは産業・経済界を巻き込んでいかなくてはなりません。

一方で資本主義経済側としても、ITの進化やNGO活動の広がり、社会・環境課題の世界での共有や法制化の進展、学術研究の進化などによって、事業活動自体が環境や人権などの持続可能性に配慮しなくては、評判の悪化や法令違反、従業員の生産性低下など、利潤や企業価値の棄損につながるという認識が共有されてきたために、抜き差しならない事態になってきているという訳です。

ある企業や投資家、ある指針がESGを語るとき、後者(市場原理にとってのESG)の目線だけでなく、前者(世界の持続性や一人一人の幸福にとっての市場原理)の観点がしっかりと踏まえられているでしょうか。その部分が抜け落ちていたら、恐らくそれは本当の意味での「統合」や「価値創造」にはならないと思います。

財務価値を重視するのは言うまでもなく重要です。財務と非財務を統合しようという動きも望ましいことです。ただ、そもそも何のために財務価値や非財務価値、その統合を重視するのかを考える必要があるのではないでしょうか。

■お金にならなければ、ほうっておけばいいのか

ページ: 1 2 3

中畑 陽一(ジョニー)
企業開示物・企画編集者
大学時代に『懐疑主義』を追求する過程で、日常性への回帰を目論み、地域活性化を志す。地元の飛騨高山にてタウン誌編集や地域活性化イベントなどを行った後、上京。デジタルハリウッド大学院に通いつつNPO法人BeGood Cafeやgreenz.jpなどの活動に関わり、資本主義経済の課題を認識。その後某証券系印刷会社にてIR及びCSRディレクターを務め約70の上場企業の情報開示支援を行う。その後、中京地区での企業の価値創造の記録としての社史編集業務を経て、現在は自動車部品メーカーの広報・サステナビリティ関連業務に従事。

2017年11月24日(金)9:54

ご購読のお申し込み

alternaショップ
ページの先頭に戻る↑