2018年は「SDGs実装元年」、主役は「あなた」です

笹谷秀光
伊藤園 顧問
このエントリーをはてなブックマークに追加

月間総務オンラインで筆者のサイト、笹谷秀光の「協創力が稼ぐ時代」-サステナビリティ経営の理論と実践―がオープンした。webコラム・トピックスなどで、サステナビリティ経営の動向やSDGs/ESG最新情勢をお伝えしていく。

サイトはこちら

筆者の月間総務オンラインのサイト

 

<最新コラム>笹谷秀光の「協創力が稼ぐ時代」<第1回>ではサステナビリティ新時代と「協創力」と題して、「祭り」の無形文化遺産からサステナビリティを考察した(12月18日付け)。

新グローバル時代の到来。2020年の東京五輪を控え、急速な情報通信技術の進歩の中で、世界標準で持続可能な社会を作るため、企業も本業を生かした社会対応が喫緊の課題だ。

複雑化する課題解決には関係者が連携して価値創造する「協創力」が必須である。本サイトでは、拙著『協創力が稼ぐ時代』で示した方法論を、最新の課題に応用していく。

富山県魚津市「たてもん」筆者撮影

ページ: 1 2 3

笹谷秀光
伊藤園 顧問
東京大学法学部卒。1977年農林省入省。2005年環境省大臣官房審議官、2006年農林水産省大臣官房審議官、2007年関東森林管理局長を経て、2008年退官。同年伊藤園入社、2010-2014年取締役、2014-2018年常務執行役員、2018年5月より現職。著書『CSR新時代の競争戦略』日本評論社・2013年)、『協創力が稼ぐ時代』(ウィズワークス社・2015年)。『 経営に生かすSDGs講座』(環境新聞社・2018年)。 笹谷秀光公式サイトー発信型三方よし(https://csrsdg.com/)

2017年12月27日(水)19:38

alternaショップ
ページの先頭に戻る↑