第2回「企業のエシカル通信簿」、最高点は花王

このエントリーをはてなブックマークに追加

NPO法人環境市民など38の市民団体は3月9日、共同で調査した第2回「企業のエシカル通信簿」(2017年度)を発表した。調査対象は化粧品メーカー5社、コンビニエンスストア(CVS)チェーン大手4社、宅配便事業者3社の合計12社で、このうち合計点が最も高かったのは花王で、最も低かったのはミニストップだった。(オルタナ編集長 森 摂)

この調査は「消費から持続可能な社会をつくる市民ネットワーク」と環境市民の主催で、昨年3月に発表した第1回目に続く2回目だ。企業のCSR活動、環境活動、SDGsの取り組みなどを市民・NPO目線で調査している。

今回の調査対象は資生堂、花王、コーセー、ポーラ・オルビス、マンダム、セブン-イレブン、ローソン、ファミリーマート、ミニストップ、ヤマト運輸、佐川急便、日本郵便の12社だった。

「持続可能な開発(社会)」「環境」「消費者」「人権・労働」「社会・社会貢献」「平和・非暴力」「アニマルウェルフェア(動物福祉)」の7つの大項目について、企業がウェブサイトなどで開示する情報に基づき、評価した。

その結果は企業に送り、回答があった場合には内容についてやり取りし、調査に反映した。回答があった企業は12社のうち8社で、ローソン、ミニストップ、ヤマト運輸、佐川急便の4社からは回答が無かったという。

ページ: 1 2

2018年3月12日(月)4:48

alternaショップ
ページの先頭に戻る↑