環境省がSDGsアウトサイドイン・ビジネスラボ

このエントリーをはてなブックマークに追加

環境省は11月15日、「ウィルラボ」の第1回セッション「キックオフ・ミーティング」を開いた。ウィルラボとは、環境・社会課題の解決を起点にしてビジネスを創出するアウトサイドインの考えに基づいた若手起業家の発掘・支援を行うプログラムだ。公募した4人の起業家に対して、公募した20人のメンターらがチームを組み、来年3月までメンタリングを行う。(オルタナS編集長=池田 真隆)

ワークショップではウィルプレナーの事業についてウィルメンターが質問を投げた

「アウトサイドイン」とは、国連SDGs(持続可能な開発目標)のビジネス指南書「SDGコンパス」で規定されている言葉で、日本の企業関係者の間でも注目が集まっている。ウィルラボの「ウィル」は、環境・社会課題を解決したいと志す人と、それを応援したい人の「意思」を表している。

ウィルラボでは、公募した若手起業家を「ウィルプレナー」と名付け、アドバイスするメンター陣を「ウィルメンター」と名付けた。選ばれた若手起業家を環境省公認のウィルプレナーとして、来年3月まで全面的に支援していく。

環境省がこのプロジェクトを行う背景には、ビジネスで環境課題を解決する機運をつくりたいという考えがある。貧困や過疎化などの社会課題に比べて、地球温暖化や森林の保全などの環境課題に対して、ビジネスで取り組んでいる事業者は多くない。

そこで、今回公募したウィルプレナーは、環境省が第五次環境基本計画で定めた6つの重点戦略(持続可能な生産と消費、国土の価値向上、地域資源を活用した地域づくり、健康で心豊かな暮らしの実現、持続可能性を支える技術開発、国際貢献と戦略的パートナーシップ)の領域内で起業している、もしくは起業準備中のミレニアル・Z世代(1980年以降生まれ)を対象とした。

■この続きは雑誌オルタナ55号「SDGsウォッシュ 回避への9行動」に掲載されています

2018年12月27日(木)16:27

alternaショップ
ページの先頭に戻る↑