森本環境事務次官「環境と経済社会問題の同時解決を」

このエントリーをはてなブックマークに追加

「エコ・ファースト推進協議会」の2019年度通常総会が4月10日、都内で開かれた。環境大臣は環境先進企業を「エコ・ファースト企業」と認定し、同協議会は企業の連携を強化し、環境への取り組みを促進することを目的にしている。総会に出席した森本英香・環境事務次官は、環境問題と経済社会問題の「同時解決」の重要性を説き、ビジネス拡大のチャンスとして取り組んでほしいと期待した。(オルタナ副編集長=吉田広子)

森本英香・環境事務次官が講演。「エコ・ファースト推進協議会」2019年度通常総会で

環境省は2008年4月、「エコ・ファースト制度」を創設した。同制度は、企業が環境大臣に対し、地球温暖化対策、廃棄物・リサイクル対策など、環境保全に対する取り組みを約束し、環境大臣が環境先進企業として認定する制度だ。

2018年度に、清水建設、東洋ライス、アスクル、大和ハウス工業、八十二銀行の4社が新たに加わり、加盟企業は45社となった。

ページ: 1 2

2019年4月10日(水)17:01

alternaショップ
ページの先頭に戻る↑