和歌山・勝浦漁港に2日間だけ現れる、理想の商店街

このエントリーをはてなブックマークに追加

和歌山県を舞台に開催されるマーケットイベント「Arcade(アーケード)」

理想の商店街をつくる2日間のマーケットイベント「Arcade(アーケード)」。第4回は、2019年11月2―3日、紀南・那智勝浦町の漁港(和歌山県)で開催される。コンセプト「次世代が暮らしたいと思える理想の街をつくろう」のもと、和歌山県を主とした約60店舗が集結。映画上映やライブなども予定されている。(前田有佳利)

約30年前に受け取った感動や刺激を次世代へ

県外進学率が国内で最も高く、30年連続ワーストと言われてきた和歌山県。約30年前は肩が触れるほどの賑わいだった商店街は、今ではシャッター街と化している。

そこで、かつて学生時代に受け取った刺激や感動を次世代に繋ごうと、和歌山県に縁ある30代40代の有志が立ち上げたチームが「ARCADE PROJECT」。その代表的な活動のひとつが、期間限定で自分たちにとっての理想の商店街をつくるマーケットイベント「Arcade」だ。

今年の初夏、来場者数6万人にのぼる「森、道、市場 2019」(愛知県蒲郡市)に初出店し、一際注目を集めていたArcadeが、ホームで真骨頂を発揮する日がやってくる。

ページ: 1 2

2019年10月9日(水)7:00

alternaショップ
ページの先頭に戻る↑