P&G、海洋プラゴミ6トンを洗剤容器に

このエントリーをはてなブックマークに追加

P&Gは11月上旬から、日本国内の海岸で回収されたプラスチックごみを再生し、ボトルの原料として採用した台所用洗剤「JOY Ocean Plastic(ジョイオーシャンプラスチック)」を発売する。約6トンのプラごみを回収し、容器の25%に再生プラを使用する。生産量は55万本に上る。(オルタナ編集部=中山涼太)

海洋プラ再生ボトル JOY Ocean Plastic

再生された海洋プラスチックの製品ボトルへの採用は、P&Gとしてアジアパシフィック初となる取り組みだ。同社は米リサイクル業者テラサイクル合同会社協力のもと、海岸でのごみの回収からボトルの製造までの全工程を日本国内で行う。

P&Gは、2030年までにグローバル全体で、製品のプラスチック包装材の海への流出をゼロにすることを目指し、海洋プラスチックごみの調査や管理に着手している。すでに欧州や北米では台所用洗剤やヘアケア製品で、海洋プラスチックを再生した素材をボトルに使用している。

P&Gジャパンはこうした取り組みの一環として、日本に流れ着いたプラスチックごみを日本国内の日用品に再利用するという画期的な取り組みを実現した。

同社は「食器用洗剤という生活に身近な製品で、パッケージの耐久性や透明度などの課題を乗り越え、55万本という大量生産を実現したことで、海洋プラスチック問題について、より多くの消費者に知ってもらい、かかわっていただくきっかけを提供できる」とコメントしている。

2019年11月6日(水)16:35

alternaショップ
ページの先頭に戻る↑