桜並木を飛びかうアイドル「エナガ」(坂本 優)

坂本 優
生きものコラムニスト

私たちに身近な生物多様性 36

枝の表面をこそぐように何かを食べているエナガ(5月下旬石神井川にて)

エナガは、昔から根強い人気の野鳥界のアイドルだ。エナガに的を絞って探しに出かけるとなかなか見つからないが、シジュウカラやヤマガラ、メジロなどの群れを追っていると、行動をともにするエナガをふと目にすることがある。

私の観察経験では、特にシジュウカラとよく行動をともにしていて、明治神宮の北池周辺はそのような群れ(混群)に出会う確率が高い。

石神井川の桜並木ではシジュウカラに比べ発現頻度は低いが1年を通して飛来しているようだ。

運がよければということだが、初夏の一時期、エナガだけの十数羽の群れで、桜の木から木へ、枝から枝へと移動する姿を目の当たりにすることもある。
野鳥としてはか細い位の、虫のようなツィーツィーと(私には)聞こえる声で、鳴きかわしながら移動していく。

鳴き声をたよりに近づき見上げると、葉を落とした桜の枝で何かを食べながら、枝から枝、木から木へ集団でせわしなく飛び交うエナガたちの姿が目に飛び込んできた。

5月下旬に葉がないということは、虫によって葉を食べつくされたのだろうか。あるいは樹勢を維持するためや水不足などに対応するため、木自身が一度葉を落としたのか、ともかく裸になった枝の表面をこそぐようにして、さかんに何かをついばんでいる。

ページ: 1 2

坂本 優
生きものコラムニスト
1953年生。東京大学卒業後、味の素株式会社入社。法務・総務業務を中心に担当。カルピス株式会社(現アサヒ飲料株式会社)出向、転籍を経て、同社のアサヒグループ入り以降、同グループ各社で、法務・コンプライアンス業務等を担当。2018年12月65歳をもって退職。大学時代「動物の科学研究会」に参加。味の素在籍時、現「味の素バードサンクチュアリ」を開設する等、生きものを通した環境問題にも通じる。(趣味ラグビー 関東ラグビー協会理事)

2020年6月5日(金)15:44

ご購読のお申し込み

alternaショップ
ページの先頭に戻る↑