生物多様性国家戦略、WWF「海外への影響の考慮が不十分」

記事のポイント


  1. 生物多様性国家戦略2023-2030が31日に閣議決定した
  2. 生物多様性のCOP15に対応、15のあるべき姿と25のなすべき行動を示した
  3. WWFジャパンは「海外に与えている影響に着目した目標が少ない」と指摘

「生物多様性国家戦略2023-2030」が31日に閣議決定した。昨年のCOP15での「昆明・モントリオール生物多様性枠組合意」に準拠して作成した。5つの基本戦略のもと、15の「あるべき姿」と25の「なすべき行動」を示した。NGOからは戦略を評価する一方で、海外に与えている影響が考慮されていない、などの指摘も出た。(オルタナ編集部・萩原 哲郎)

生物多様性国家戦略が閣議決定された
hagiwara-alterna

萩原 哲郎(オルタナ編集部)

2014年から不動産業界専門新聞の記者職に従事。2022年オルタナ編集部に。

執筆記事一覧
キーワード: #生物多様性

お気に入り登録するにはログインが必要です

ログインすると「マイページ」機能がご利用できます。気になった記事を「お気に入り」登録できます。
Loading..