花王、GPIFが採用する全ESG銘柄で継続採用

花王は7月9日、年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)が採用しているESG投資のための株価指数の構成銘柄すべてに継続して採用されたと発表した。「FTSE Blossom Japan Index」「MSCI ジャパンESG セレクト・リーダーズ指数」での選定は4年連続となる。同社は2019 年4 月、ESG 戦略「Kirei Lifestyle Plan」を策定し、ESGの取り組みを強化している。(オルタナ副編集長=吉田広子)

同社は「FTSE Blossom Japan Index」「MSCI ジャパンESG セレクト・リーダーズ指数」に4 年連続、「MSCI 日本株女性活躍指数(WIN)」に3 年連続で採用されたほか、「S&P/JPX カーボン・エフィシエント指数」にも継続して選定されている。

「FTSE4Good Index Series」「FTSE Blossom Japan Index」は、ロンドン証券取引所の一企業であるFTSE Russell が開発した指数。SDGs(持続可能な開発目標)を含む、既存の国際的なESG 基準に基づいたFTSE Russell のESG 評価モデルを使用して構成され、ESG について優れた取り組みを行っている企業が選定される。

「MSCI ESG Leaders indexes」「MSCI ジャパンESG セレクト・リーダーズ指数」「MSCI 日本株女性活躍指数(WIN)」は、MSCI 社(米国)による指数だ。

ページ: 1 2

2020年7月9日(木)16:16

ご購読のお申し込み

alternaショップ
ページの先頭に戻る↑