「スポーツを止めるな」、新型コロナに立ち向かう

寺町 幸枝
ジャーナリスト

■ブームで終わらせないために

「新型コロナウィルス感染症を理由に、スポーツや夢を諦めてしまう学生たちを1人でも減らしたい」という思いから、代表理事である野澤さんを始め、有志たちが立ち上がって始めた活動は、2カ月の間に一般社団法人「スポーツを止めるな」設立につながった。

スポーツを愛する大人たちに寄せられた学生たちの悲痛な声と、スカウティングができない大学や社会人スポーツチーム側の問題を解決させる方法として始まったこの活動は、一過性のブームに終わることなく、今後もスポーツの垣根を越えて、ニーズがある見込んでいると話す。

日本ラグビー協会リソースコーチを務める最上紘太さん

特に不特定多数が閲覧できるSNSを通じ、アスリートたちがプレーアピールをすることによる課題も見えてきた中で、今後安全にアクセスできる「クローズド」のシステムを開発しようと考えているという「スポーツを止めるな」。その資金集めとして、今回「READYFOR」を通じてクラウドファンディングを開始した。

同組織の理事で、日本ラグビー協会リソースコーチを務める最上紘太さんは「この活動自体、多くの人との『共感』によって成り立つものだと考えている。個人の思いで賛同してくれる人が、自分のできる範囲で支援してくれる。それによってどこかの学生アスリートが前を向くきっかけを得る。そういう流れができると良い社会になるのではないか」と、クラウドファンディング開始にあたり、その思いを語った。

◆クラウドファンディング
https://readyfor.jp/projects/spo-tome2020

ページ: 1 2

寺町 幸枝
ジャーナリスト
ファッション誌のライターとしてキャリアをスタートし、米国在住10年の間に、funtrap名義でファッションビジネスを展開。同時にビジネスやサステナブルブランドなどの取材を重ね、現在は東京を拠点に、ビジネスとカルチャー全般の取材執筆活動を行う。Yahoo!ニュース、47ニュース、SUUMO Journalなどへ出稿。 共同通信特約記者。在外ジャーナリスト協会(Global Press)理事。

2020年7月22日(水)22:25

ご購読のお申し込み

alternaショップ
ページの先頭に戻る↑