三菱地所ホーム 木と鉄骨のハイブリッド構法

三菱地所ホームは9月3日、世界初の特許技術「Flat Mass Timber構法」を開発したことを発表した。このFTM構法は木と鉄骨によるハイブリッド構法で、同社は木造注文住宅ブランド「ROBRA(ロブラ)」を立ち上げ、第1号モデルハウスを9月5日にオープンする。(オルタナ編集部=吉田広子)

ROBRA第1号モデルハウス(右)と構造躯体

木造構法「FMT構法」では、壁や梁などの構造要素が空間内に出てくることが少なく、シンプルで頑丈な造りを実現するという。各階層を捻るような動きのあるデザインなど、自由度の高い設計もできる。

木造注文住宅ブランドROBRAでは、世界的にも時代の潮流となっている「木」へのマテリアルシフトのトレンドを内包し、自然な木の可能性と新鮮な外観デザインを提案していくとしている。

2020年9月3日(木)22:37

ご購読のお申し込み

alternaショップ
ページの先頭に戻る↑