太陽光でEV充電 実証実験始まる

このエントリーをはてなブックマークに追加

EV「リーフ」用リチウムイオン電池モジュールを4台組み合わせた蓄電装置(日産自動車広報資料から引用)

日産自動車は11日、同社が販売するEV(電気自動車)の「リーフ」に搭載するリチウムイオン電池モジュールと太陽光発電とを組み合わせたEV用充電システムの実証実験を開始したと発表した。同社と住友商事が出資するフォーアールエナジーとの共同で実施する。

同システムでは、出力40kWの太陽電池で発電した電力を定置したリーフ用電池モジュール4台(最大蓄電容量96kWh)に蓄電。供給可能な電力は年間でリーフ約1800台分に相当し、雨天時や夜間でも充電が可能だ。日産自動車グローバル本社(横浜市)に設置し、7台の充電スタンドでEVを充電する。

自然エネルギーを活用した今回のシステムで、EVが実現した走行時のCO2排出ゼロに加えて、発電および充電時のCO2排出ゼロも実現する。(オルタナ編集部=斉藤円華)2011年7月12日

 

日産自動車 ニュースリリース

 

2011年7月12日(火)11:41

alternaショップ
ページの先頭に戻る↑