今回制定したエコマーク認定基準には、資源調達の観点が初めて追加されている

日本環境協会エコマーク事務局(東京・中央)は3月12日、エコマーク「テレビ」の認定基準を制定し、認定審査の申し込み受け付けを開始した。同団体は、優れた省エネ効果、有害物質の使用削減など環境負荷を低減したテレビを認定し、普及させることを目指す。

1 2