日替わり弁当はすべて手作りで1個400円から。チキンステーキの明太子ソースがけ、トロトロ大根と玉子のこってり煮、ブロッコリーのチャンプル、ほうれん草のおひたし、きゅうりの昆布締め、さつまいもの塩カラメル――と盛りだくさんだ。

栄養バランスと美味しさを心がけ、2012年4月から高校生向けのランチとして手作りの弁当を提供している。当日朝9時30分までに注文すれば、当日12時までに配達してくれる。

高校内で弁当を販売するには、教職員やPTAの了承が必要だ。そのため、配達希望者からの問い合わせには公式サイトからメールで応じている。

高校生以外にも企業などから電話かFAXで注文を受け付けていて、愛西市、津島市、蟹江町、弥富市、桑名市の一部などに配達している。

今年3月末からは障がい者スタッフがウェブ注文システムを開発した。今後はウェブ注文に一本化し、効率化を進めるという。

同NPOでは5月17日現在、11人の障がい者スタッフが働いている。

「今後は高校生には400円より安い弁当を開発したり、いろんな人に届ける弁当屋の強みを活かして高校生と地元の大人をつなげたりしていきたい。高校での学びが社会でどう活かされるのかを知り、憧れや相談相手としての大人と出会える機会を作りたい」(石山代表)

(今一生)

NPO法人 MotherKitchen

1 2