博多大丸、クラウドファンディング活用し地元企業支援へ

オルタナ77号「CSR48presents CSRトピックス」37


右から二人目が博多大丸の村本光児社長

博多大丸(福岡市)は、トークン型クラウトドファンディングサービス「FiNANCiE(フィナンシェ)」と 協業し、九州の生産者・事業者を支援する「未来共栄プロジェクト」をスタートした。

第一弾として、チョウザメ養殖のキャビア王国(宮崎県)の支援に向けたクラウドファンディングを行なった。 チョウザメは乱獲や密漁により個体数が激減し、2022年に絶滅危惧種に指定された。

キャビア王国は養殖による供給量を増加させることで、天然のチョウザメを守りたいと考えており、今回は約1千万円 の支援を得ることができた。博多大丸は引き続き、環 境や社会課題解決を目指す地元企業を応援していく。(CSR48・米山由紀)

「CSR48」とは
2012年に企業のCSR担当者を中心に「CSRに 関心のある女性」が集まって発足したコミュニティ。「CSRをもっと身近に」をミッションに勉強会やイベントを実施しており、近年は性別に関係なく参加を呼び掛けている。取り組みは 脱炭素や脱プラスチック、LGBTQ+、フェアトレードの勉強会、 洋服リサイクル&コットン収穫ツアーの企画など。メンバーの 所属は商社、メーカー、非営利団体、コンサルなどさまざま。早稲田大学でのゲスト講師登壇も毎年行っている。

「CSR48」は、企業のCSR担当者を中心に「CSRに関心のある女子たち」が集まったグループ。「CSRをもっと身近に」をミッションに、勉強会やイベントを実施する。⽬指すのはサステナブルな社会と、女性のエンパワーメントによって、利害や⽴場を超えて、より良い社会に向けたアクションをおこすこと。メンバーの所属は、商社、メーカー、ゼネコン、NPO法人などさまざま。 雑誌オルタナの連載の他、イベント登壇や4月はじまりのSDGsカレンダー発売など多彩に活動を広げる。オフィシャルブログ 執筆記事一覧

執筆記事一覧
キーワード: #サステナビリティ

お気に入り登録するにはログインが必要です

ログインすると「マイページ」機能がご利用できます。気になった記事を「お気に入り」登録できます。
Loading..