■「12-12-12/ニューヨーク、奇跡のライブ」

先日この映画を見ました。これは、ロック・ミュージシャンのCSR活動について、その企画・実施・舞台裏にまで迫ったコンサートとドキュメンタリー映画です。2012年12月12日にNYのマディソン・スクエア・ガーデンで実施されたチャリティ・コンサート「12-12-12 ザ・コンサート・フォー・サンディ・リリーフ」の映画です。2012年の10月にアメリカ東海岸に最悪の被害をもたらしたハリケーン「サンディ」の被災地救済が目的でした。

「サンディ」は米国では100年に一度といわれる大災害となったハリケーンです。ニューヨーク州及びニュージャージー州を中心に800万世帯が停電、被害額は8兆円規模といわれます。沿岸部では数十万人に避難指示、アメリカ全土及びカナダで132名の死者が出るなどの甚大な被害をもたらした、とのことです。

被害後わずか1か月半の間に大規模なコンサートの準備を進めた企画者・主催者の苦労話も織り込まれています。ニューヨークという音楽の中心地という場所柄もあり、コンサートには、米国の救援に、英国からもビックアーティストが集結しました。ポール・マッカートニー、ザ・ローリング・ストーンズ、ザ・フー、エリック・クラプトン、そしてピンク・フロイドのロジャー・ウォーターズなどが一堂に会していて、コンサート・シーンは感動ものです。

映画の公式サイトによれば、世界中で約20億人が視聴可能な環境を整え、一晩で5000万ドル(約54億円)もの復興基金を集めた史上最大規模のチャリティ・コンサートということです。

欧州の同種企画とは異なるプロモーション手法やスタッフの動きが感じられます。米国でのこのような企画の形成過程と動員力の高い手法、そして米国流のチャリティ色の強い運営には興味深いものがあります。

1 2 3