山梨県内では、北杜市白州町の森林180ヘクタールを「サントリー天然水の森 南アルプス」として整備活動を行っており、今回その面積を1847ヘクタール増やし、合計2027ヘクタールに拡大した。

現在「天然水の森」は全国15都府県21カ所に広がっている。今回の面積拡大で合計1万2千ヘクタールに達し、国内工場で汲み上げる地下水量の2倍を涵養する森林という2020年までの目標を達成した。

同社広報部の長門祐也氏は、「『天然水の森』は全国各地の地域の事情に合わせ、それぞれ独自の森林整備活動を行っている。山梨県においても、県と連携し情報を共有しながら、調査研究などの活動を進めていきたい」と話した。

1 2