現代では、環境・経済・社会的課題は相互に密接に関わり合っており、これらを同時に解決していくことが求められます。現役世代のニーズを満たしつつ、将来世代も豊かに生きていける「持続可能な社会」を実現するためには、既存の取り組みの延長ではなく、大量生産・大量消費・大量廃棄といった従来の社会システムの大胆な変革、すなわち「社会変革」を実現していく必要があります。

こうした「社会変革」を実現する新時代の政策デザインを追求していくため、環境省は「地域循環共生圏」の創造(持続可能な形での地域資源の活用を通じた自立・分散型の社会の形成)を目指しています。

あらゆる政策を効果的に連携させ、現在から将来にかけて、人と環境を守っていく。この思いで、日々の環境行政に取り組んでいます。

…続きは「alterna別冊 72組織 わがパーパス」をご覧ください。

◎環境省

1 2