【連載】オルタナティブな空間

長浜の空き家を拠点に商店街の掃除や祭りの手伝いをして暮らすという若者の提案は、「儲からないし続けられない」と懸念されていた

滋賀県の長浜という街で開いたエリアリノベーションのワークショップで、とある発表が印象的だった。長浜に半定住している20代の若者3人組。街の人々が集まる最終プレゼンテーションの場で、彼らが問いかけたのはこんな言葉だった。

「なぜ私たちに『いつこっちに移住してくるの?』と二言目には尋ねてくるのですか? 定住するのか、しないのか。二者択一を迫ってくる理由がわからないし、問い詰められる事が重荷になっている。このままではこの街が嫌いになりそうだ、本当は好きなのに」