地球規模で広がるプラスチック汚染。新型コロナウイルス対策で使い捨て容器の使用が増え、気になっている方も多いのではないでしょうか?近年の研究により、マイクロプラスチックが汚染物質の運び屋になっていることや、プラスチックに含まれる化学物質の人体への影響などが明らかになってきました。マイクロプラスチック汚染の研究者である東京農工大の高田秀重教授に、詳しくお話を伺いました*。

*以下は、市民環境フォーラム第10回「マイクロプラスチック汚染研究の最前線」(2020年12月14日開催)での、東京農工大・高田秀重教授のお話をまとめたものです。

おさらい:マイクロプラスチックとは?

プラスチックが粉砕され、5ミリメートル以下の微細になったものがマイクロプラスチックです。海や河川を汚染し、生きものや人体への影響も研究で明らかになってきています。最近わかってきたことですが、プラスチックは陸上でマイクロ化し、廃棄物処理から漏れてしまった分が雨で洗い流され、道路の排水口や河川を通じて海に流れ出ています。

全てのプラスチックは、遅かれ早かれマイクロプラスチックになってしまいます。これは、プラスチックの素材としての本質的な問題が原因です。金属やガラスに比べ、炭素の結合が緩いため加工しやすく便利な素材ですが、これが欠点にもなります。紫外線によって結合が切れて劣化していき、マイクロ化します。この数十年間で多くの製品がプラスチックに代替されましたが、ようやく最近になってマイクロプラスチックが発生することがわかってきました。

提供:高田秀重教授

マイクロプラスチック汚染はどれだけ広がっているのですか?

800種以上の海洋生物(海鳥、魚、貝、ウミガメ、クジラ)などがプラスチックを摂食していて、物理的なダメージが報告されています。

この続きはこちら