取締役会には、SX(サステナビリティ・トランスフォーメーション:企業のサステナビリティと社会のサステナビリティの同期化)及びDX(デジタル・トランスフォーメーション)の急速な進展を見据えた適切なスキル(知識・経験・能力)の確保が求められる。

これからの時代、取締役会(サステナビリティ委員会等の諮問委員会含む)が「SX及びDXに関連するスキル」を確保することは必然になると思います。

「SX及びDXに関連するスキル」とは、環境・社会問題やデジタル技術関連の知識だけでなく、SX及びDXを見据えたビジョンや戦略の方向性を示し、その実現に向けた経営者の取り組みを適切に監督するための知見や能力(広義のスキル)を意味します。

今後、そのようなスキルを持たない取締役会はSX及びDXという時代の変化に対応出来ず、存在意義が問われることになるでしょう。冒頭のFT記事の文言はまさにその文脈で理解すべきと思います。

企業の持続的な成長と中長期の価値向上においてSX及びDXは車の両輪と言えます。今春のコーポレートガバナンス・コードの改訂如何にかかわらず、これからの時代の取締役会には「SX及びDXに関連するスキル」が求められることは避けられないのではないでしょうか。

1 2