生物多様性ガイドライン作成―富士通

このエントリーをはてなブックマークに追加

富士通は6月9日、同社の取引先を対象に「生物多様性ガイドライン」を作成し、配布すると発表した。同社のサプライチェーンにおいて、生物多様性の保全に関する活動を浸透ならびに拡大するのが目的だ。

今年10月に名古屋で開催されるCOP10を控え、社会における生物多様性への関心が高まる一方、企業等では事業と生物多様性との関係性の認識が十分でなく、理解や保全活動の拡大が進展しない現状がある。

同社は4月に発表した「第6期富士通グループ環境行動計画」で、生物多様性の保全を地球温暖化防止と並ぶ重点分野に設定。「生物多様性ガイドライン」では語義、保全の重要性、これまでの環境保全活動との関係などを明確にするとともに、取引先の参考となる様々な取り組みの事例を掲載している。

富士通プレスリリース

2010年6月15日(火)10:00

alternaショップ
ページの先頭に戻る↑