パリの銃撃テロを、新たな9.11にしてはならない。[関根 健次]

関根 健次
ユナイテッドピープル株式会社 代表
このエントリーをはてなブックマークに追加

シャルリ・エブドの銃撃事件を受けて、世界情勢は今緊張状態にある。今一度周囲を見つめ直し、人々が分断されないよう融和を目指すことが必要だ。多様な宗教や価値観のなかで、相互理解を薦めるヒントが描かれた映画『バベルの学校』を紹介したい。(ユナイテッドピープル代表=関根健次)

「フランスはテロとの戦争に入った」

こう高らかと宣言したフランスのオランド大統領は、14日、主力空母「シャルル・ドゴール」にヘリで降り立ち、「イスラム国」への空爆に同空母を参加させると宣言した。

フランスのテレビ局F2が報じたところによると、大統領は「フランスが民主的で自由な国であり続けるためには、新聞や風刺漫画家が必要で、彼らを守るためには軍が必要だ」とも語っている。

どこかでみた光景だ。「自由」や「民主」を守るために、という大義は過去にも繰り返された。

今、フランスは、かつて2001年ニューヨークで起きた9.11の当時のアメリカのようなショック状態で、「テロとの戦い」に突き進もうとしている。

しかし、考え直してほしい。過激派によるテロは許されることでは決してない。関係したものは、裁きを受けなければならない。亡くなられた方々には哀悼の意を評したい。しかしこのテロ事件を、大規模な戦争のきっかけになんてしてはいけないはずだ。

ページ: 1 2

関根 健次
ユナイテッドピープル株式会社 代表
ベロイト大学経済学部卒。2002年にユナイテッドピープル株式会社を創業し、世界の課題解決を目指す事業を開始。募金サイト「イーココロ!」を運営。2009年から映画配給事業を開始。2011年から一般社団法人 国際平和映像祭を設立し国連が定めたピースデー9月21日に合わせて国際平和映像祭(UFPFF)を主催している。2013年よりピースデージャパン共同代表。著書に『ユナイテッドピープル』も。

2015年1月27日(火)19:34

alternaショップ
ページの先頭に戻る↑