ソフトバンクなど、インドでの再生可能エネルギー供給促進で合弁会社を設立

このエントリーをはてなブックマークに追加

リリース)
ソフトバンクなど、インドでの再生可能エネルギー供給促進で合弁会社を設立

ソフトバンク、バーティ、フォックスコン、インドにおける
再生可能エネルギー供給促進のため合弁会社を設立
~SBGクリーンテックがクリーンで安全なエネルギー供給の普及に向け
太陽光・風力発電に投資~

ソフトバンク株式会社(以下「ソフトバンク」)、バーティ・エンタープライゼズ・リミティッド(以下「バーティ」)、フォックスコン・テクノロジー・グループ(以下「フォックスコン」)の3社は、インドでクリーンかつ安全なエネルギー供給を促進する合弁会社SBG Cleantech Limited(以下「SBGクリーンテック」)を設立する計画に関して合意しました。今後、諸条件が整い次第、3社は合同でSBGクリーンテックに出資する予定です。

SBGクリーンテックは、インドにおける太陽光と風力発電の先駆的な役割を担う会社となります。2022年までに太陽光で100GW、風力で60GWの発電を目指すというインドの首相が掲げる目標に沿って、インドの全地域を対象に投資し、再生可能エネルギーの発電所を展開していく予定です。また、SBGクリーンテックは、インド政府が掲げる、2022年までに全国民へ24時間365日途切れない電力の供給と再生可能エネルギーの普及目標に貢献していくこととし、2015~2016年次のインド全国レベルや州別の太陽光発電事業の入札に参加する予定です。

人口の圧倒的な多さ、豊富な日射量、増大するエネルギー需要と電源不足、限りある化石燃料、電力供給のない多くの町村の存在などの要因を考慮すると、インドでの太陽光発電事業は非常に大きな可能性を秘めています。

国土の広さと将来の可能性を考慮するとまだ初期の段階ですが、インドでは現在、関連政策の整備と発電事業者、製造業者、デベロッパー、金融機関、研究者などを含めた太陽光発電に関するエコシステムの確立により、基礎となる出力規模3.7GWの太陽光発電を実現しています。

ソフトバンクの代表取締役社長 孫 正義は次のように述べています。
「ソフトバンクは、広大な可能性を秘めたインドに注目しており、すでに同国のテクノロジー分野へは多大な投資を実施しています。今回の協業でのわれわれのゴールは、クリーンエネルギー市場を創造する会社を作り上げ、クリーンかつ再生可能なエネルギー資源によりインドの経済発展を強力に後押しすることです。それぞれの分野でリーダーであるバーティとフォックスコンの両社とともに手を携え、このベンチャー事業を通じて将来のインドの繁栄へ向け努力していきたいと考えています」

バーティの会長 スニル・ミタルは次のように述べています。
「バーティは、社会全体に変革のインパクトを与える数々のプロジェクトを推進しています。このビジョンに沿った形で、われわれは、ソフトバンクとフォックスコンと共にインド経済を変革する可能性を秘めた再生エネルギー事業に参画します。本事業は、クリーンな資源で国家のエネルギー需要に応えていくというモディ首相のビジョンに対し大いに貢献することになるでしょう。携帯電話がインド全国民をつないでいるように、再生エネルギーもまた、インド全国民に電気を供給できる可能性があります。SBGクリーンテックの事業は、エネルギー不足解消を通じたインドの経済発展ならびに次世代のインド国民のためのクリーンな環境保全にわれわれがコミットしていくという意思表明でもあります」

フォックスコンの創業者でCEOのテリー・ゴウは次のように述べています。
「再生可能エネルギーを強化していくことは当社の事業戦略の重要な柱のうちの一つです。ソフトバンクとバーティと一緒に参画できることをわれわれは楽しみにしています。SBGクリーンテックを通じて、インドにおけるクリーンエネルギーソリューション分野において圧倒的な立場を確保するとともに、インドにおける再生可能エネルギー産業の発展を支援していきたいと考えています」

SBGクリーンテックにおいては、最近までバーティで新規事業部門を率いていたManoj Kohli氏が同社の取締役会長として、Raman Nanda氏がCEOとして就任する予定です。また、同社は、主要な活動拠点をデリーに設置する予定です。

インドの太陽光発電は、2015年中には、250%の成長が見込まれています。また、世界的な動きとしては、2015年中には、再生可能エネルギーが化石燃料の成長を追い抜き、風力、太陽光、地熱やその他の再生可能エネルギーによる発電量が記録的な107GWに達する見込みです(※)。

[注]
※参照元「India Solar Handbook,2015」

■バーティ・エンタープライゼズ・リミティッドについて
バーティは、電気通信、農業ビジネス、金融サービス、小売り、製造などの事業を展開しており、インドで最も先進的な企業のうちの一つです。また、電気通信分野においては数多くの高い評価を得ている世界初の事例や革新を生み出しているパイオニアでもあります。グループ会社のバーティ・エアテルは、アジアやアフリカなど20カ国以上に事業を展開しているグローバルな通信事業者です。

■フォックスコン・テクノロジー・グループについて
フォックスコンは、1974年の創業以来、創業者でCEOのテリー・ゴウの指導のもと、世界で最も競争力のある製造技術を提供してきました。3C OEMのサービスビジネスモデルを構築し、機械や電気関連の垂直統合サービスを提供するとともに、フォックスコンは、世界各国の企業にワンストップの製造サービスを提供してきました。顧客のテクノロジーや製造のニーズにお応えできるよう、近年フォックスコンはテクノロジー分野にも進出しています。また、顧客にとって信用できるパートナーになるため、グローバル規模でしっかりとしたモデルを提示しています。

・SoftBankおよびソフトバンクの名称、ロゴは、日本国およびその他の国におけるソフトバンク株式会社の登録商標または商標です。

リリース掲載元:http://release.nikkei.co.jp/detail.cfm?relID=389589&lindID=5

2015年6月25日(木)16:39

alternaショップ
ページの先頭に戻る↑