ミドリガメ、本格的駆除へ――私たちに身近な生物多様性(15)[坂本 優]

坂本 優
アサヒグループ食品株式会社 人事総務部
このエントリーをはてなブックマークに追加

環境省は、来年度からミドリガメの本格的駆除を実施すべく、今年度、いくつかの地域でモデル事業を実施するという。効率的な捕獲方法や処分方法などが検討、検証される。ミドリガメの大半はアメリカから輸入されたアカミミガメ(ミシシッピアカミミガメ)だ。多くは甲羅の長さがほんの数cmの幼体の頃にペットショップなどで売られるが、成長すると大きなものは30㎝近くになる。かつて、「アマゾンの緑ガメ」と称して売られたカメもこの仲間だ。(カルピス株式会社 人事・総務部=坂本 優)

甲羅の長径25cmほどの大型のアカミミガメ。このカメも何十年か前には金魚鉢の中で、子ども達を喜ばしていたのだろうか?(上野不忍池)

甲羅の長径25cmほどの大型のアカミミガメ。このカメも何十年か前には金魚鉢の中で、子ども達を喜ばしていたのだろうか?(上野不忍池)

アカミミガメをはじめとするミドリガメたちは日本中で野生化しており、大都市の公園や寺社の池などでも普通に観察できる。一方、固有種のニホンイシガメなどは、すっかりその数を減らしている。

典型的な侵略的外来種として、公園の池や農業用のため池の掻い掘りの際など、これまでも駆除の対象となってきた。ところが、外来生物法にいう「特定外来生物」としての指定はなされていない。理由は、その膨大な取引数、飼育数だ。

「特定外来生物」に指定された場合、原則、取引や飼育は禁止されることになる。年間十万匹単位の取引数、百万匹単位の飼育数からみて、これらを一挙に禁止した場合、現状に加えて、更に膨大な数が自然界に新たに放たれるであろうことが容易に推測される。そのため指定に踏み切れないと言われている。

ページ: 1 2

坂本 優
アサヒグループ食品株式会社 人事総務部
1953年生まれ。東京大学卒業後、1979年、味の素㈱入社。本社にて法務・総務業務、工場・支社にて総務業務を担当。2011年、カルピス㈱に出向(2012年転籍)。 同社で法務・コンプライアンス業務等を担当。2016年1月より現職。大学時代、「動物の科学研究会」に参加。味の素東海事業所在籍時、現「味の素バードサンクチュアリ」を開設するなど、生きものを通した環境問題にも通じる。(趣味ラグビー 関東ラグビー協会理事)

2015年11月4日(水)10:33

alternaショップ
ページの先頭に戻る↑