中田英寿さん、「日本文化と一体になりたい」

このエントリーをはてなブックマークに追加
中田さんは日本文化を発信していくことを「第二の人生」と言う ©takuya suzuki

中田さんは日本文化を発信していくことを「第二の人生」と言う ©takuya suzuki

「日本文化と一体となれたら幸せ」――。元プロサッカー選手の中田英寿さんは実業家としてのゴールをこう答えた。中田さんは昨年始め、酒や工芸などの日本文化をPRする事業会社JAPAN CRAFT SAKE COMPANY(ジャパン・クラフト・サケ・カンパニー、東京・港)を立ち上げた。

中田さんは1月18日、社会貢献に寄与した実業家として賞を受賞した。受賞したのは、「シーバスリーガル18年 ゴールドシグネチャー・アワード2017 Presented by GOETHE」。このアワードは、スコッチウイスキーの「シーバスリーガル」と幻冬舎が発行する雑誌「GOETHE」が2011年から毎年開催している。

このアワードの対象は、ビジネスを通して、社会貢献にも寄与しているビジネスパーソン。中田さんは、日本酒の魅力を世界に広めた取り組みが評価され、「ビジネスイノベーション カルチュラル部門」を受賞した。

中田さんは昨年2月、六本木ヒルズで「CRAFT SAKE WEEK」を開いた。中田さんが選んだ100銘柄を販売した。5月には、香港で開かれたワインの世界見本市「VINE EXPO」で、日本酒セラーを発表。世界初の試みで注目を集めた。授賞式が始まる直前、中田さんに話を聞いた。

続きは「サステナブル・ブランド ジャパン」サイトへ

2017年1月28日(土)23:13

alternaショップ
ページの先頭に戻る↑