絶滅危惧種のクロマグロを販売―NGO再調査で発覚

このエントリーをはてなブックマークに追加
クロマグロの販売を見合わせた大手スーパーは皆無だった Image credit:Olivier Engel

クロマグロの販売を見合わせた大手スーパーは皆無だった Image credit:Olivier Engel

国際環境NGOグリーンピース・ジャパンが2016年11月に発表した「お魚スーパーマーケットランキング6」で、コープネット事業連合がアンケート調査に誤回答していたことが分かった。12社の中で唯一「取り扱いなし」と答えた絶滅危惧種のクロマグロを、実際は販売していた。結局、人気のクロマグロの販売見合わせに昨年中に踏み切れた大手スーパーは皆無だった。(瀬戸内 千代)

グリーンピース・ジャパンは、小売大手の持続可能な水産物に対する意識を調べ、毎年ランキングを発表。サステナブルな魚を求める消費者に購買の指標を提供してきた。

2016年の調査では、生活協同組合連合会コープネット事業連合(埼玉県・さいたま市)だけが、絶滅危惧種の大西洋クロマグロと太平洋クロマグロを扱わないと回答。その項目の高得点によって、初参加にして2位となっていた。

続きは「サステナブル・ブランド ジャパン」サイトへ

2017年1月31日(火)20:48

alternaショップ
ページの先頭に戻る↑