極東ロシアのトラ保護活動ーー空から草食動物の調査を実施!

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

2016年の冬、極東ロシアの沿海地方で、ヘリコプターを使った草食動物の調査が行なわれました。これは、シベリアトラ(アムールトラ)やアムールヒョウの獲物となるシカやイノシシなどが、どのエリアに、何頭ほどいるかを調べるものです。7年ぶりに行なわれたこの調査の結果は、WWFが取り組むアムールヒョウの野生への再導入プロジェクトをはじめとした、さまざまな保護活動を支える、重要な知見となるものです。

トラの獲物となる動物たちを追う

シベリアトラ(アムールトラ)

近年は保護活動の成果により、わずかながら数は回復してきていますが、長年にわたる森林破壊や密猟の影響で絶滅の危機に追い込まれてきました。

現在ロシア国内にすむシベリアトラは推定で最大540頭、アムールヒョウは70頭ほどです。

アムールヒョウ

それぞれIUCN(国際自然保護連合)の「レッドリスト」で絶滅危惧亜種(EN)と近絶滅亜種(CR)に指定されています。

その生息を支えているのは、豊かな森が育むさまざまな大小の野生動物です。

特に、イノシシや二ホンジカなどの草食動物は重要な獲物で、過去に大雪でこれらの動物が大量に死んだ時には、トラが栄養不足や餓死に追い込まれる例がありました。

この極東ロシアの生態系を支える上で欠かせない草食動物が、どこに、どれくらい生息しているのか。

これを調べる7年ぶりの大規模な調査が2016年に、実施されました。

イノシシ

この調査は、木々の葉が落ちて地表の様子がよく見える冬の間に、空からヘリコプターを使ってシカやイノシシの個体数を数えるもので、今回は2004年と2009年に続く第3回目の実施となりました。

選ばれた調査地

ページ: 1 2 3 4

WWF ジャパン
WWFは約100カ国で活動している環境保全団体です。その一翼を担うWWFジャパンは、1971年、世界で16番目のWWFとして東京で設立されました。WWFジャパンは、自然の中に人間が存在するという自然観を取り入れ、日本国内および日本が関係している国際的な問題に取り組みます。

2017年3月5日(日)15:06

alternaショップ
ページの先頭に戻る↑