朝日新聞が「SDGs大賞」を新設 社内で表彰

このエントリーをはてなブックマークに追加

Sustainablebrands.comから転載]

「VRどうぶつえん・すいぞくかん」は、仮想現実で臨場感のある体験を提供する

朝日新聞は2017年の社内表彰制度で「SDGs大賞」を新設し、このほど初の大賞を「闘病の子どもたちに『VRどうぶつえん・すいぞくかん』」プロジェクトに決定した。同賞はSDGs(持続可能な開発目標)達成に向けて優れた取り組みをした本社グループの個人・団体に贈られる。朝日新聞は自社ホームページに設けたSDGsのコーナーを充実するなど、社会課題の解決に積極的に取り組む。(オルタナ編集部=沖本啓一)

「SDGs大賞」は、2002年度に始まった社内表彰制度「CSR(旧CS)推進賞」の部門賞として新設された。SDGsに対する社内の理解を深めるとともに、持続可能な社会の実現に向けた本社の取り組みを加速させる狙いがある。

続きは「サステナブル・ブランド ジャパン」サイトへ

2017年12月25日(月)22:29

alternaショップ
ページの先頭に戻る↑