日本コカ、3本柱で循環型ペット強化へ

このエントリーをはてなブックマークに追加

日本コカ・コーラのホルヘ・ガルドゥニョ社長はこのほど、ボトルtoボトルのリサイクルなどを推進していくための3つの取り組みを強調した。ホルヘ社長は10月16日に同社で開かれたメディア向けの勉強会に登壇。「同業他社に刺激を与えながら、ペットボトルの循環利用を強化していきたい」と述べた。(オルタナ編集部=多田野 豪)

循環型ペットボトルへの取り組みを強化していきたいと話すホルヘ社長=10月16日、東京渋谷にある日本コカ・コーラで

日本はペットボトル回収率98%という世界的にも高い水準を誇る。ホルヘ社長は、実現できたのは、消費者の高い意識、政府や民間セクター、ノンアルコール飲料業界の努力のおかげだとしたうえで、今後の方針として、以下の3つの取り組みに尽力したいと表明した。

最初に挙げたのが、未回収のペットボトルである、残り2%の特定だ。NGOと協働し、どのような経路で、ペットボトルごみが海洋に流出しているかを調べていく。

次に、ボトルtoボトルのリサイクル比率を述べた。ボトルtoボトルとは、回収したペットボトルから、新しいペットボトルを生み出す方法である。海にペットボトルごみを流出させることなく、消費者に同社の製品を届けていく。

同社は7月、グローバルターゲットを前倒しする形で、日本独自の容器リサイクルビジョンを発表した。2030年までにボトルtoボトルの比率を90%にする意欲的な目標を掲げている。

寺岡精工のボトル回収機

最後は、リサイクルを推進するための新しいテクノロジーの導入について強調した。今年6月、同社はセブン&アイグループの店頭で回収された使用済みペットボトルを100%使用した、「一(はじめ)緑茶 一日一本」を発表した。この製品を、「完全循環型ペットボトル」と名付ける。

このプロジェクトに協力している、寺岡精工は2018年2月から、東京都と埼玉県にあるセブン&アイグループ300店舗に、ボトル回収機を設置している。

同社の内田明伸・包装環境事業部環境開発グループ担当は、「ノンデポジット社会の日本で、ペットボトルの循環利用を実現できれば、モデルケースとして世界に発信できる」と話した。

2019年10月17日(木)18:50

alternaショップ
ページの先頭に戻る↑